Epistemicia by Banma!!

バンマのブログ。 Twitter : banmac

雑記20170911:映った鏡のいくつものヒビに文句も言えずに

最近めちゃめちゃヨガやってる。ヨガババアか、ってくらいやってる。

週6とかで、1日2クラスとか取るのでヨガとはいえ終わると脚がくがく。

でもいい。

暇だし。ドラクエもダウントンアビーもそんな何時間も続かないし。

 

ヨガは運動としてもいいんだけど、なんか自分を労わったり、自分を大切にしたりする概念が盛り込まれているのがすごくいいと思う。

自分を大切にするって結構先進的な思想だと思う。特に東京を一時離脱した今だからそう思う。

時間とか、お金とか、精神的な余裕とかないとできないし、やろうとも思わないし。

 

自分を大切にしている、と言うと自分のピアス穴を触ってしまう。

シンガポールはピアスの穴が開いている人も多いし、刺青を入れている人も多い。

日本とは比べ物にならないくらい多い。それが先進的なのかどうかはわからないけど。

 

 

台湾や香港に居た時も、ピアスや刺青をしている人は多かったと思う。

日本より確実に多いし、割と軽いノリで刺青とかもいれちゃう。

『今が良ければいい』的な思想がかなり強いと思う。

僕も左耳にピアスの穴が開いていて、それは約10年前に台湾にいたときに開けたものだ。

台湾人の友達にすごく軽いノリで誘われ、その時は周りに日本人もいなくて考える余地もあんまりなくてそのまま開けてしまった。

その数年後に、日本で、付き合っていた彼氏にピアスの穴が開いていることについて言われたことがあった。

『ピアスを開ける奴とか、刺青を入れる奴とか、自分を大切にしていない人間の証拠だ』と。付き合ってる人にわざわざそういうこと言うかな。

彼は結構典型的なザ・日本人というタイプの人で、僕も、あ、日本人は自分を大切にしているからピアスや刺青のハードルが高いのかな、と思わされた。

その彼は日本的な企業に所属して、家族関係とかも含めゲイであることに相当悩んで不眠症になっていたけど、彼が本当に自分を大切にしていたのかはいまでもよくわからない。

 

確かに、『自分を大切にすること』って国籍とか民族で相当に乖離がある概念だと思う。

日本では、和の中にいる自分を保つことが一番強いのかなと感じることがある。

ピアスや刺青を入れるときの文句で一番多いのは『親から貰った体に』だと思う。

僕は特に刺青を入れたいわけではなかったけど、そこに、親とはいえ、他者が出現することが不思議でならなかった。

他者との関係性上におかれている自分や、他社から見た自分をいかに健やかに保つかみたいな部分が強いと思う。

やりたいことをやること、よりやるべきことをやること、が自分に直結すると考えられている気がする。これはこれで一つの正解なのかな。

もちろんこれは人によっても違うし、最近の若い人は特にもっとアバンギャルドな価値観で生きてると思う。

 

中華系の人の多くの思想は共産主義とか社会主義の国家思想に影響を受けていると感じる。

結局共産主義社会主義は個を失わせる思想なわけで、そこに身を置いていた人は『自分』という概念が比較的希薄になる。

『自分を大切にする』ことが困難になりがちなバックグラウンドを持った人が多い。

そこにそもそも現世至上主義な道教の教えが加わっているからより刹那的になりがち。

 

とか、推測推察でしか言えないけど、でも、そもそもあんまり彼らはピアスを開けたり刺青を入れることについて自分を大切にしてないとは思ってない。と思う。

逆に自分を誇る手段のひとつにしているのかな、とか思ったりする。

彼らにとっての自分を大切にすることっていうのは、今その時の自分を最大限に誇れるようにすることなのかなと思う。

誇る、手段はそれぞれだと思うけど。そこにはやりたいことをする、っていうのが含まれている場合が多い。それも正解だと感じる。

 

日本でもいまモリモリとありとあらゆる手段で『自分を大切にする』ことを啓発することが流行ってるし、そもそも健康ブームとかもその一環だし。

変換期なのかなと感じる。『自分』に直結するものなのでそれぞれの答えがあっていいと思うのだけど。そもそも『自分を大切にする』ことについてもっとみんないろいろ考えたらいいのになーと思う。

他者から見た自分も大切だけど、自分にとっての自分も大切だし。

日本人がそういうバランス感を得ていく時代のような気がします。

 

ちょっと今回散漫な感じになってしまった。。。

雑記20170901:認め合えばそれでいいよ

ジムとかで自分の手とかたまに見てて。

生命線って、年々短くなってる気がしません?

僕だけかもしれないんですけど。

右手の生命線が確実に去年より短いんです。

寿命が縮まってるのかなとかちょっと思ったりしてて。

 

恐ろしかったのは、生命線が短くなってることじゃなくて、昔はちっとも信じてなかった手相占いで自分の寿命の心配をしてしまったこと。

人間って、人間の思想?とかそういうものって自分が思ってる以上に結構ナチュラルに変化してくんだなって思いました。

 

よく、個人事業主の人とかが数珠とかしてて。ベンチャー企業の社長とか。

そんな聡明な人でも数珠の効能を信じたりするんだ、って昔から思ってたけど、あれは、逆に個人事業主とか社長とかってどんどん頼るものも縋るものもなくなっていっていきつく先のひとつなんだとどこかで教えられました。

思想も宗教も占いも人間関係が、良くも悪くも、先細りしていく人々の拠り所。

 

新しい環境に来たらもう少し頭の中がクリアになるかなって勝手に思ってたんですが、身の回りにいろんな思想宗教占いその他がありすぎて逆にカオスになりそう。

もともとしっちゃかめっちゃかなのにね。

 

今が楽しければ何でもいいよ~!みたいなパリピ教みたいのがあったら入信したいかも。

それなら短くなっていく寿命のことも気にしないで済むだろうし。

加藤ミリヤちゃんのライブに行った。

僕が敬愛してやまない加藤ミリヤちゃんのライブに行った。

このブログももはや感想を書くために開設したようなものである。

 

来る4月16日の朝、有給を取っていた僕は3度の洗濯と2度の入浴、爪切りと耳かきと部屋の掃除を済ませできるかぎり身を清め会場であるさいたまスーパーアリーナに向かった。

電車がさいたま新都心駅に近づくにつれ増えていく女子達。

ていうか女子が本当に多い。びっくりするぐらい女子。

駅に降り立つともう街自体が女性専用車両みたいだった。

思い思いの格好をしているけれども共通しているのはミリヤが好きだってこと。

昔のPVの格好やツアーの衣装に近い服、今回発売された写真集

 

 

 『SOFT & HARD』

 

を先取りして聖母マリアのような格好をしていた女子もいた。

 

男二人で行ったわけだけど、そんなの他にいない。

グッズを見た後、ファミレスで時間を潰していたがもはやファミレスが女子校。

夕方になると昂った友達が『酔ってからミリヤに会いたい』とコンビニでワンカップを一気し始める。きっと彼も彼なりにこの環境に身をおくのが辛かったのであろう。

 

すっかり日が暮れてライブ開演時間が近づきさいたまスーパーアリーナへ向かう僕達。会場は熱気と女臭さでとにかくいっぱいだった。

僕達の席はステージからみて右側、スタンド席の比較的前の方だったのだが、まぁ場所とか関係なく女。見渡す限りの女女女。

女が多いとは聞いていたが想像以上であった。

9.5割が女。それも3万人収容のさいたまスーパーアリーナなのだから2万8千人程の女子が募っている計算になる。

 

ステージは最近のミリヤちゃんのお気に入り、天国のような神秘的なムードで統一されており、ステージに2本あった柱には 磔刑されたイエス・キリスト のような絵が描かれたりしていた。

 

興奮冷めない内に始まるミリヤちゃんのステージ。

甲高いコーラスのハーモニーから始まり中東風の白い衣装のダンサーたちが舞い出る。

イントロの盛り上がりが最骨頂に達した瞬間、アリーナ席から歓声が上がる。ミリヤだ。

ステージ中央に白い巨大なモノリスが登場したかと思うとそれが回転、巨大な王様の椅子に座ったドヤ顔のミリヤちゃんが登場した。

客席の盛り上がりは既に第一次のピークを迎える。彼女たちは何よりミリヤに会いたかったのだ。ミリヤを見たかったのだ。ミリヤと同じ空気を吸いたかったのだ。

 

今回は衣装は特別奇抜ではなく、

ガガ様や、

f:id:banmac:20130417210035p:plain

 

 

エスキモーや、

f:id:banmac:20130417210141p:plain

 

f:id:banmac:20130417210214p:plain

 

 

のような衣装はなかった。

今回はかなりシックにオシャレな感じで、ミリヤちゃんも落ち着くところに落ち着いたな、とがっかりした反面安心もした。

時折喪服を着たりしていたがその程度である。

 

アルバム曲の With U が終わり、謎のどすこいダンスを繰り広げたあとにシングル曲のAIAIAI、定番のSAYONARAベイベーを披露し、名曲 Love Foreverに繋げた。

 

その後、衣装替えをして若旦那とのコラボシングル LOVERS part II を熱唱。

これは若旦那の名曲 LOVERS のアンサーソングとなり、情けない愛を囁く男側ソング LOVERSに対してどんなあなたでも受け入れるよという寛大な女側を歌っている。

ミリヤちゃんの泣かせる歌唱力がアリーナ中に響き渡る中、事件が起きる。

サプライズで奈落から登場した若旦那が『口ばっかりでいつもごめんね~』と歌い会場を歓喜で沸かせた数十秒後、歌い終わった若旦那がものすごい速さで昇降機でまた奈落に降ろされてしまう。

真面目な演出、かつ泣かせるラブソングながらなぜか会場中が爆笑に包まれてしまったのである。

あれもミリヤちゃんの演出だとしたら、かなりの策士である。

 

その後は昔のアルバムからPeople、ありがとう、、young ladyを歌い終えると会場中にクラシック曲カノンが響き渡る。Love is... だ。

Love is...を熱唱しながら舞台の昇降機で少しずつ天に昇るミリヤちゃん。

それを見ながら号泣する女子達。

舞台後方のスクリーンを利用し ミリヤに羽根が生える。

そして号泣する女子達。

ハートマークの中心に『MILIYAH』とかかれたサイリウムを泣きながら振る女子達。

無表情で愛を囁くミリヤ。

 

 

 

宗教だ。

 

 

 

その後、辛気臭いアルバム曲を何曲か歌った後に ROMAN、眠れぬ夜のせいで。そしてMC。

 

今回のアルバムは愛をテーマしている~という話から始まり、どれだけ愛が尊く、強く、素晴らしいものであるかを説くミリヤ。

会場の女子達に『みんなもパパと、ママの愛の証なんだよ?素晴らしいこと!!』と訴えるミリヤ。

泣く女子達。

 

そしてステージはクライマックスに。

アルバムの核曲 True、そしてミリヤのお気に入り UGLYで終了。

みんなありがとうーーー!!と舞台を去るミリヤちゃん。

 

普通のアーティストの場合ここでアンコールが起き再登場、となるところである。

 

しかしミリヤは違う。

 

会場の全員がまず無言。ただただシーンとするアリーナ。

数分するとアリーナ席から歌声があがる。

ミリヤの初期シングル 夜空 だ。

『アンコール!!』と叫んだら殺されそうな空気の中、ひたすらファンたちの歌声を聞いていた僕達。

ミリヤちゃんはファンの結びつきが強く、事前にこういった打ち合わせをWebでしてミリヤちゃんへのサプライズをしようという企て。よくあるにわかオタ排除だ。

 

なにはともあれ、しばらくするとミリヤちゃんが登場。

何事もなかったかのようにアンコール曲 今夜はブギーバック を披露した。

もちろん清水翔太とSHUN付き。シミショーめちゃ可愛かった。

そして、ふたりでミリショーの新曲、 LOVE STORY を披露。

これは 時代を超えて輝き続ける2人のためのラブソング らしいのですが。

今はお別れだけど、いつかまた時が来たら出会えるという内容で、

 

まぁメロディーも歌詞も泣かせるわけで、

 

会場の女子達も泣いたりしていたわけだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣きましたけど?

 

ここで泣きましたけど?

まさかのミリヤライブでバンマ、涙。

いろいろ思い出すよね。

 

そして次はアンコール2曲目。

『みんな、きっとしってるはずだから、一緒に歌ってね?』とミリヤちゃん。

 

『聴いてください…… Aitai ……』

 

 

知らないとでも?

 

 

『あなたが良かった たとえどんなに傷ついたとしても どうして私じゃないの?』

 

サヨナラを告げられた相手に対する 日本最強のハイパー未練ソング である。

 

サビに近づくにつれ昂ぶる会場。

 

『会いたい、会いたい、会いたい、会えない 私だけを見て欲しいよ……』

 

 

 

3万人が合唱する内容か?

 

 

もうね、

こんなね、

みんなね、

共感しちゃって涙とかね、

いやほんとね、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣きましたけど?

 

23歳男子だけど

 

 

 

何度傷ついてもいいの こんなにも好きなの

 

 

 

歌いましたけど。

 

Aitaiが終わると会場に 哀しみと涙しか残らなかった。

 

追い打ちを掛けるようにミリヤが歌う 勇者たち。

別れソングの応酬である。

 

そしてコンサート最後の曲、 HEART BEAT

『小さなことにクヨクヨせず明るく生きてこ!!』みたいな曲。

 

 

 

 

3万人の2時間にわたる感傷を台無しにするミリヤ。

 

 

 

 

……まぁなんだかんだですごく楽しかったです。

本当に歌うまいし、今回は少なめだったけどダンスも上手で良いコンサートでした。

また来年も行きたいと思います。

 

 

今日会社で何のライブ行ったの?って聞かれて、なんか恥ずかしくて

マイナーなR&Bシンガーです。

って答えちゃいました。

ごめんミリヤちゃん。