Epistemicia by Banma!!

バンマのブログ。 Twitter : banmac

雑記20180105:永久不変の優しさに包まれていたい

新年早々物凄い肩こりに苛まれておりますが、年明けからシンガポールの心霊スポットなんて調べた所為でしょうか。

シンガポールにも心霊マンションとかあったりして笑っちゃいます。

もともとシンガポールは土地が狭くお墓を潰したマンションはすごく多いらしいんですが、どちらかと言うと心霊マンションはお墓系よりは不慮の死を遂げた過去の住人の呪い系(他に何系があるのか)が多いです。

どうでもいいですね。

肩こりにはこのタイガーバーム塗ってますが、塗ると焼けるように熱くなった後に肩こりが消え去る謎のバームです。

欲しい人いたらLINEしてね。

f:id:banmac:20180105140414p:plain

 

2017年は相当に肩こりに悩まされたこともあり、今年は肩こりから解放されたいなーとか思ってて。

そういえば今年は○○!みたいな目標を立てていないことに気づく。

いろいろ考えたのですが、、日記を書き続けたいと思ってます。

ブログじゃなくて自分用の日記ね。

 

■なぜ日記なのか

今回言いたいことハッキリしてるのでトピック式で供述しますね。供述て。

僕は今、日々の記録であったり自己表現であったりの手段が7つあります。

Twitter(ゲイ垢/表)

Twitter(ゲイ垢/裏)

Twitter(ノンケ垢)

Facebook

Instagram(ゲイ垢)

Instagram(ノンケ垢)

はてなブログ

閉じてたり開けてたり人を選んでたり選んでなかったりしますが、とりあえず全て他人に公開する前提の媒体となります。

思い起こせば私たち平成生まれは物心ついたころから自作HP、mixi、FB、Twitter、インスタグラムとSNSの沼に浸かっています。となるとなんか文章表現がやっぱり他人ウケみたいの考えちゃう部分とかなくはなくて。

最近やっとインスタ映え、みたいな言葉が浸透してきたものの。あれはmixi時代とかもっと前からずっとあった概念だったと思うんですよね。文字に起こすなら何か面白いことを書かねば、意義のある何かを探さねば、マウンティングできる要素はあるだろうか。みたいな。

そういうのに疲れたのかなんなのか、昨年末くらいから完璧にクローズドな媒体に記録を残したい願望がふつふつとあったのです。

あとなんかいちおうせっかく海外で暮らしてるし~とかもちょっと理由かも。

完全にクローズドに記録を残す、ってなるとあたりまえだけど日記になり。

 

■どう日記を書くのか

日記を書こう!と思い立ったことははじめてではないのでもちろん僕にも大量の挫折歴があります。そこから導き出した結論としてPCで書こうかなと思い。

いろんな日記ツールについての所感。

→日記本(ペーパーベース)

日記本を購入して日記をかくやつですね。これが恐らく挫折歴最多。

ひとつは僕がマジで字が超へたくそなので自分の書いた字を見直すとテンションが落ちること。日記って書いて終わりじゃなくて結構見返すものなのですが、とにかく自分の字が好きじゃない。

そして第二に隙間を埋めたくなること。まあこれは日付毎にあらかじめ区切られてない、日記帳用ではなく普通のノートにかけばいいのですが。僕は用意されている四角にみっちり文字を埋めたくなるんです。結局それを毎日やってると疲れてしまう。

あとは最近、母親からいまバンマ君の中学生の頃の日記発見して読み返してるよ!とかLINE来たりして愕然としたのですが自分の身辺に起きた一切を記録したいって思ったら、後から他人が気軽に見れるっていう性質はちょっと問題なのかなとか。

モレスキンとか、すごく可愛い日記本が出てるので、いつか自分の性癖たちに折り合いがつけられた日にはモレスキンに強固な南京錠をつけてシフトしたいですね。

→携帯アプリ

いっぱい試しました。iTunesストアの日記アプリって調べて出てくるTOP10は全て使ったんじゃないかなって思うくらい。最近のは本当に使いやすいです。携帯だと写真とか簡単に載せられてね。デザインが可愛いものも多いですし。

しかしどちらかと言うとアプリが悪いというか、携帯で書くという性質上、途中でLINEの通知が来たら書くのをやめてしまったり、書きあぐねてTwitterを始めてしまったり。

携帯は旅行時もつけられるしすごく便利ではあるんですが、、僕が集中力最強マンに変身した暁には携帯アプリを使わせていただきます。

→ブログ(非公開)

これもいろいろ探したものの、ウェブに一度載せるという性質上検索にひっかかったりするとのこと。あとやっぱりブログは公開前提にできているので使いにくい。

→メール

日記用のメールアカウントを作り、毎日自分宛にメールを送る。みたいな。

これは管理が面倒だな、、というのと、ブログと一緒でネットの海に放り込むのはなぁ、、みたいな。

→Wordとかメモ帳とか

悪くないけど管理がめんどくさい。

 

ということで最終的にPCのソフトで書くことにしました。

いろいろ見てみて、選んだのはこちら。

wDiary

 

起動もはやくてシンプルで使いやすいです。

機能も必要なだけ抑えられてる感。

この方と1年間頑張りますね。。

 

■やってみてどうなの

とはいえまだ5日ですけど。

日記いいなあと思うのは上述のようなネットウケを期待しなくていいこと。

とりあえずその日あったことと思ったことを書き連ねてます。

あとは思い出すこと。

人間の機能で思い出す、ってかなり大事なことなんだなって最近思います。

特に僕はハイパー記憶力悪いマンなので。

日記を書いてなかったときより、寝る前に1日を思い返す今の方が後から考えても記憶が鮮明です。

そして気持ちとかは書いてるとちょっとスッとします。

僕が通うジムにはゲイのスタッフが数人います。出会い系アプリで彼らの内のひとりからメッセージが来て、会うことになったのですが。ちょっと理由はわからないものの会う直前でドタキャンされ、その後僕がジムの会員だと気づいた様ですが異様につれない態度。

なんかこういう日々のもやりとしたことって個人的にはTwitterとかに書き散らすほどではないし、友達に話すにしてもオチもないしな、と何も消化できずに終わってしまう。

ただ日記に書くとなんとなくそういう気持ちが処理できた気になるのです。

毎日は難しいかもだけど、1年続くといいなぁ~

1年後にこの記事をこっそり削除とかしてませんように。。。

一生の習慣になるといいなと思います。